一宮市三岸節子記念美術館

ICHINOMIYA CITY MEMORIAL ART MUSEUM of SETSUKO MIGISHI

特別展・企画展

企画展「河鍋暁翠展-父・暁斎から娘へ、受け継がれた伝統-」

明治時代から昭和時代初期にかけて活躍した女流日本画家・河鍋暁翠(かわなべ きょうすい、1868-1935)。狩野派絵師でありながら浮世絵のほか、流派にとらわれない作品を描いた絵師・河鍋暁斎の娘である暁翠は、数え5歳の頃、父・暁斎から絵手本を手渡され、幼いころから絵を学びます。その後、暁斎の作品の彩色を任されるほどとなり、父の没後は仕事を引き継ぎ、暁斎の遺した未完の作品をも仕上げています。暁翠の流派は狩野派に留まらず、土佐・住吉派を吸収し、穏やかな美人画を代表とする上品で優美な作品世界を構築します。
これまで父・暁斎の名に隠れがちであった暁翠ですが、最近では、暁翠の活躍を描いた歴史小説『星落ちて、なお』(澤田瞳子著、2021年、文藝春秋)が第165回直木賞を受賞したことで注目が集まっています。
本展は、父の画技を受け継ぎながらひとりの日本画家として名を残した暁翠の作品を一堂に並べ、その画業の全貌を紹介する初の展覧会です。

開催概要

会期 2022年10月22日(土)~12月4日(日)
※10月22日(土)は正午から一般公開
※会期中に展示替えを予定
会場 2階 一般展示室・実習展示室
開催時間 午前9時から午後5時まで(入館は4時30分まで)  
休館日 毎週月曜日、11月4日(金)、11月24日(木)
観覧料 一般1,000円、大高生500円、中学生以下無料
※コレクション展(常設展)観覧料を含む
※20名以上の団体は2割引
※一宮市内の満65歳以上で住所・年齢の確認ができる公的機関発行の証明書等を提示された方、身体障害者手帳・戦傷病者手帳・精神障害者保健福祉手帳・療育手帳を持参の方(ミライロID可、付添人1人を含む)は無料
※開館記念日(11/3)無料観覧デー
11月3日(木祝)は開館記念日のため、無料でご鑑賞いただけます
※清須市はるひ美術館・稲沢市荻須記念美術館 相互割引
清須市はるひ美術館「清須ゆかりの作家 阿野義久展 生命形態―日常・存在・記憶―」(9/10-11/13)、稲沢市荻須記念美術館「藤島武二スケッチ百花―大川美術館コレクションと名品の彩り―」(10/22-12/4)のいずれかの観覧券(半券可)ご提示で本展観覧料が2割引となります(1枚につき1名限り・割引の併用はできません)。
主催 一宮市三岸節子記念美術館、朝日新聞社
協力 公益財団法人 河鍋暁斎記念美術館

河鍋暁翠《寛永時代美人図》大正5(1916)年、河鍋暁斎記念美術館蔵

河鍋暁斎・暁翠合作《霊山群仙図》文久年間(1861)~明治25(1892)年、河鍋暁斎記念美術館蔵

河鍋暁翠《蔦に鴉》制作年不詳、河鍋暁斎記念美術館蔵

河鍋暁翠《毘沙門天寅狩之図》明治22(1889)年、河鍋暁斎記念美術館蔵

関連行事

◆ 講演会「河鍋暁翠展に寄せて―父と娘の絆―」

日時 11月6日(日) 午後2時~(開場:午後1時30分)
講師 狩野博幸氏(美術史家、京都国立博物館名誉館員)
定員 60名(先着)
参加費 無料
申込み 不要(当日直接会場)
会場 1階 講義室

◆ ワークショップ「浮世絵実演講座&摺り体験」

内容 暁翠・暁斎も手がけていた浮世絵ができあがるまでを歴史や制作工程 を解説しながら実演します。その後、実際に摺ってみます。
日時 11月20日(日) ①午前10時~、②午後2時~
講師 竹中健司氏(竹中木版 竹笹堂)
定員 各回16名(要申込み、10/29(土)受付開始、 先着順)
参加費 500円
申込み 10月29日(土) 午前9時から電話(0586-63-2892)にて先着順で受付
会場 1階 講義室

◆ 学芸員によるギャラリートーク

日時 11月12日(土)、11月27日(日) 各日午後2時~
参加費 無料(要観覧券)
申込み 不要(当日直接会場)
会場 2階 特別展会場