一宮市三岸節子記念美術館

ICHINOMIYA CITY MEMORIAL ART MUSEUM of SETSUKO MIGISHI

特別展・企画展

開館20周年記念・作家活動20周年記念特別展 なかやみわ 絵本の世界展

大人気シリーズ『そらまめくん』(小学館他)、『どんぐりむら』(学研プラス)などを生み出した絵本作家なかやみわさんの世界を紹介します。
作家活動20周年をむかえたなかやみわさんの絵本は、やさしい色合いと個性豊かなキャラクター、そっとはげますような味わい深いストーリーで子どもから大人まで読む人の心をひきつけています。
本展では、初期から最近までの貴重な原画とあわせて、絵本の構想段階でのスケッチや資料、さらに立体化したキャラクターも登場。魅力的なキャラクターたちが大活躍するなかやみわさんの絵本の世界をご家族、お友だちとどうぞお楽しみください。(展示作品数 約100点)

開催概要

会期 2018年6月30日(土) - 8月19日(日)
会場 2階 一般展示室・実習展示室
開催時間 午前9時から午後5時まで(入館は4時30分まで)
休館日 月曜日(ただし7月16日(月・祝)は開館)、7月17日(火)
観覧料 一般800円、高大生400円、中学生以下無料(一宮市内・市外を問わず)
※コレクション展(常設展)観覧料を含む
※20名以上の団体は2割引
※一宮市内の満65歳以上で住所・年齢の確認できる公的機関発行の証明書等を提示された方、および身体障害者手帳・戦傷病者手帳・精神障害者保健福祉手帳・療育手帳を持参の方(付添人1人を含む)は無料
※愛知県では毎月19日を「子育て応援の日(はぐみんデー)」としていることから、7月19日(木)と8月19日(日)は「はぐみんカード」(県外の方は、お住まいの地域で発行する子育て支援パスポートや子育て支援優待カード)を提示された方は2割引
主催 一宮市三岸節子記念美術館、中日新聞社
協力 学研プラス、小学館、童心社、白泉社(五十音順)

「そらまめくんのあたらしいベッド」(2015年、小学館)

「くれよんのくろくん」(2001年、童心社)

「やさいのがっこう とまとちゃんのたびだち」(2016年、白泉社)

「どんぐりむらのぼうしやさん」(2010年、学研プラス)

プロフィール

なかやみわ
埼玉県生まれ。女子美術短期大学造形科グラフィックデザイン教室卒業。企業のキャラクターデザイナーを経て、絵本作家になる。主な絵本に『そらまめくん』シリーズ(福音館書店・小学館)、『くれよんのくろくん』シリーズ(童心社)、『どんぐりむら』シリーズ(学研プラス)、『やさいのがっこう』シリーズ(白泉社)など、人気作多数。かわいいキャラクターたちが活躍する絵本作品は、子どもたちやお母さんからの絶大な支持を得ている。

関連事業

◆ なかやみわ講演会「絵本ができるまで」+サイン会

日時 7月7日(土) 講演会14:00~15:00(開場13:30)、サイン会15:15~16:00
講師 なかやみわ先生
会場 一宮市三岸節子記念美術館 講義室
対象 中学生以上(サイン会はお子様の同伴も可)
定員 講演会:80名、サイン会:50名
参加費 無料
申込み 講演会・・・6月1日(金)朝9時より電話もしくは来館により先着順に受付
サイン会・・・当日美術館で絵本を購入された方に先着順で整理券を配布
※講演内容が大人向きのため、小学生以下のお子様のご参加はご遠慮ください。講演会終了後のサイン会はお子様もご参加いただけます。
※講演会中、1才半以上4歳未満のお子様には無料託児サービスがあります(6月1日(金)朝9時より電話もしくは来館により先着順に受付、定員10名)

◆ なかやみわワークショップ「はじき絵をかこう!」


クレヨンと絵具を使って、「くれよんのくろくん」シリーズに出てくるはじき絵を描きます。
日時 8月8日(水) 14:00~16:00
講師 なかやみわ先生
会場 一宮市三岸節子記念美術館 講義室
対象 3歳~小学生(小学生未満のお子様は保護者同伴)
定員 20名
参加費 300円
申込み 6月1日(金)朝9時より電話もしくは来館により先着順に受付

◆ 絵本 読み聞かせ

日時 7月25日(水)、8月4日(土) 各11:00~11:40
読み手 朗読ぐるーぷ言の葉
会場 一宮市三岸節子記念美術館 講義室
参加費 無料
申込み 不要(当日直接会場)

◆ 学芸員によるギャラリートーク

日時 7月14日(土)、8月18日(土) 各14:00~
参加費 無料
申込み 不要(当日直接会場)

◆ 一日ワークショップデー

日時 7月22日(日)
内容 展覧会に因んだ工作を自由にできるコーナーを設置します。
参加費 無料
申込み 不要(当日直接会場)