一宮市三岸節子記念美術館

ICHINOMIYA CITY MEMORIAL ART MUSEUM of SETSUKO MIGISHI

教育プログラム

申込方法 電話、または住所・氏名・学校名・学年・電話番号を記入し、 イベント名を明記の上、ハガキ・ファクス・電子メールでお申込みください。
〒494-0007 愛知県一宮市小信中島字郷南3147-1 一宮市三岸節子記念美術館
TEL:0586-63-2892 FAX:0586-63-2893 MAIL:migishi@city.ichinomiya.lg.jp

こどもミュージアム2019「ROBO ROBO ROBOT! in ミギシミュージアム」開催

名称 こどもミュージアム2019「ROBO ROBO ROBOT! in ミギシミュージアム」
内容 一宮市三岸節子記念美術館では、家族で楽しめるサマープログラム「こどもミュージアム」を開催します。この夏は、陶芸家・江村和彦氏の陶芸オブジェ《ROBO》が館内に登場!おなじく土を使った赤レンガ造りの三岸節子記念美術館で、館内に隠れるロボットたちを探し出しましょう。ほかにも、ワークショップや美術館のペーパークラフトをつくるコーナーも登場!この夏、美術館にあそびに来ませんか?
会期 2019年7月20日(土)〜9月1日(日)
会場 1階 エントランスホール、常設展示室、土蔵展示室
開催時間 午前9時から午後5時まで(入館は4時30分まで)
休館日 毎週月曜日、8月13日(火)(ただし、8月12日(月祝)は開館)
参加費 中学生以下無料
※7月20日(土)~9月1日(日)までのこどもミュージアム開催期間は、中学生以下入館無料(一宮市内・市外を問わず)。
アーティスト 江村和彦(えむらかずひこ)氏
陶芸家、日本福祉大学子ども発達学部准教授。
1994年愛知教育大学大学院修了(芸術教育)、2001年に愛知県知多市にて陶芸家として独立。2010年名古屋経営短期大学の講師着任を経て、2015年に日本福祉大学へ。保育者や教員を目指す学生に造形を教えるかたわら、幼児の土粘土遊び、造形ワークショップ、教科教育について研究している。陶芸では、ロボット以外にも恐竜や空想の動物も多数制作している。また土鍋から色絵磁器まで幅広い食器制作も手掛け、個展・グループ展のほか多数出展。

関連行事

◆ ROBOをさがせ!探検スタンプラリー

内容 美術館内に隠れているロボット「ROBO」を探してスタンプを集めましょう。質問に答えて、ワークシートを完成させた子には、記念グッズをプレゼントします。(対象:中学生以下、先着500名さま)
日時 会期中毎日開催
参加費 中学生以下無料

◆ けんせつ!せつこ美術館!

内容 ペーパークラフトで三岸節子記念美術館を作ってみよう。美術館はどんな形をしているのかな?考えながら作ってみると、おもしろいことに気づくかもしれません!
日時 会期中毎日開催
会場 1階 エントランスホール
参加費 無料

◆ 夏のワークショップ「自分だけのROBOTをつくろう!」

内容 陶芸家・江村和彦さんといっしょにロボットをつくります。木材や缶、金属の廃材など、さまざまな材料を自由に組み合わせて、自分だけのロボットをつくってみましょう。
講師 江村和彦さん(陶芸家、日本福祉大学子ども発達学部准教授)
日時 7月30日(火)①10時~12時、②13時30分~15時30分
8月10日(土)③10時~12時
会場 1階 講義室
対象 小中学生(小学3年生以下は保護者同伴)
定員 各回15名
参加費 500円(材料費)
申込み

7月17日(水曜日)までに電話かメール、はがきで申し込み。郵便番号・住所・参加者名(ふりがな)・学校名・学年・電話番号・保護者名(ふりがな)・参加希望日時を記入し「夏のワークショップ」と明記のうえ、三岸節子記念美術館(〒494-0007 一宮市小信中島字郷南3147-1 電話 0586-63-2892 MAILmigishi@city.ichinomiya.lg.jp)まで。

◆ 博物館・美術館・資料館連携イベント「3館をまわって『いちのみや資料図鑑』をつくろう!」

内容 夏休みは一宮市博物館・三岸節子記念美術館・尾西歴史民俗資料館でイベントが目白押し!3館で「資料カード」を書いて、『いちのみや資料図鑑』を完成させよう!完成できた子には、オリジナルグッズをプレゼントします。【先着450名様、中学生以下対象】
日時 2019年7月20日(土)~9月1日(日)
一宮市博物館:午前9時30分~午後5時
三岸節子記念美術館:午前9時~午後5時
尾西歴史民俗資料館:午前9時~午後5時

いずれの館も、入館は午後4時30分まで。
会場 一宮市博物館、三岸節子記念美術館、尾西歴史民俗資料館
対象 中学生以下
参加費 無料(博物館は別途常設観覧料が必要、市内小・中学生は無料)
申込み 不要

せつこっこクラブ6月「パパのかおレリーフをつくろう!」参加者募集

名称 せつこっこクラブ6月「パパのかおレリーフをつくろう!」
内容 紙粘土を使って、お父さんの顔を半立体のレリーフで表現し、着色します。
できあがりは小さなお面のような感じで、オブジェとして飾ることができます。
翌日の父の日のプレゼントにもなります。
年少さんからご参加いただけます!
日時 2019年6月15日(土)
午後2時~4時
講師 美術館職員
対象 年少児~小学生(小学1年生以下は保護者同伴、制作は子どものみ)
参加費 300円(材料費)
定員 20名(抽選)
申し込み 5月28日(火)までに電話かメール、ハガキで申し込み。郵便番号・住所・参加者名(ふりがな)・学校名・学年・電話番号・保護者名を記入し「パパのかおレリーフをつくろう!」と明記の上、三岸節子記念美術館(〒494-0007 一宮市小信中島字郷南3147-1 TEL 0586-63-2892 メールアドレス migishi@city.ichinomiya.lg.jp)まで。締め切り後、郵送にて返信

せつこっこクラブ活動報告

2019年6月 「せつこっこクラブ6月 パパのかおレリーフをつくろう!」活動報告
2019年1月 「せつこっこクラブ1月 美人画フクワライ」活動報告
2018年12月 「せつこっこクラブ12月 おめかしリボンをつくっちゃおう」活動報告
2018年11月 「せつこっこクラブ11月 おやこバスツアー」事業報告
2018年10月 朗読会「短歌と絵画の調べ」、おやこでせつこっこクラブ「たんかであそぼ!」
2018年8月 「こどもミュージアム2018」事業報告
2018年6月 「びじゅつかん なぞときバックヤードツアー」を開催しました
2018年5月 せつこさんの財宝をさがせ!
2017年12月 サンタクロースと世界旅行!
2017年11月 こどもバスツアー
2017年10月 名品と出会う みんなで大きい木をかこう
2017年6月 あさごはんえほん
2017年5月 『キュッパのはくぶつかん』を読んでミュージアムカタログをつくろう
2017年4月 美術館たんけん

その他の教育普及活動報告

2019年5月 友の会バスツアー「学芸員と美術館を巡ろう!」
2019年3月 美術実技講座「わたしの・ぼくの家の旗をつくろう!」活動報告
2019年1月 三岸節子〈短歌ポスト〉入選作品(平成30年後期分)
2018年12月 短歌ポスト「三岸節子を詠む」10周年記念講演『短歌と絵画 -短歌ポストから見えてくるもの-』
2018年10月 特別展 刺繍美術展ワークショップ「くるみボタンチャームをつくろう」事業報告
2018年7月 三岸節子〈短歌ポスト〉入選作品(平成30年前期分)
2018年5月 友の会バスツアー「学芸員と一緒に美術館を巡ろう!」
2018年3月 平成29年度 美術実技講座「楽しいおはな、悲しいおはな。心のお花の標本作り」 事業報告
2018年1月 平成29 年度 展覧会プレ作家ワークショップ 事業報告
2017年12月 三岸節子〈短歌ポスト〉入選作品(平成29年後期分)
2017年7月 三岸節子〈短歌ポスト〉入選作品(平成29年前期分)