一宮市三岸節子記念美術館

ICHINOMIYA CITY MEMORIAL ART MUSEUM of SETSUKO MIGISHI

コレクション展(常設展)

静物へのまなざし

 画業前半は静物画家として、渡欧を経た画業後半は風景画家として、二度の絶頂期を迎えた三岸節子。最晩年に帰国してからは、そのまなざしを再び静物へと向けています。身近なモチーフに愛情を注いだ、節子の静物画を中心に紹介します。

 【特集展示】心象の画家 三岸黄太郎
渡欧以降、常に節子に寄り添い、支え続けた長男・三岸黄太郎(1930-2009)。
彼もまた20代前半から本格的に絵を描き始めています。節子を車に乗せてヨーロッパ各地を巡り、節子と同じ景色を見ますが、節子と異なり黄太郎はその場でスケッチをとることはなく、心に残ったイメージを記憶し、アトリエに戻って色彩と造形を極めて単純化した心象風景として再現しました。
その詩情豊かな静謐な空気は風景画だけでなく人物画や静物画も纏い、節子は「私の絵は目を楽しませる。黄太郎の絵は心を楽しませる」と評しました。  

会期 2021年4月13日(火)~2021年7月4日(日)
会場 1階 常設展示室
開催時間 午前9時から午後5時まで(入館は4時30分まで)
休館日 毎週月曜日(ただし5月3日は開館)、4月30日(金)、5月6日(木)
観覧料 一般320円・高大生210円・中学生以下無料
※一宮市内在住の満65歳以上で住所・年齢の確認できる公的機関発行の証明書等を提示された方、および身体障害者手帳・戦傷病者手帳・精神障害者保健福祉手帳・療育手帳を持参の方は無料(付添人一人を含む)
※20名以上の団体は2割引
関連行事 コレクション展ガイドツアー
内容/コレクション展を学芸員がわかりやすく解説しながら案内します。
日時/4月22日(木)、5月13日(木)、5月27日(木)、6月10日(木)、6月24日(木) 各日午後2時
料金/無料(要観覧券)
申込み/不要(当日直接会場)