せつこっこクラブ

「せつこっこクラブ」は、たくさんの子供たちに美術館を身近に感じてもらうための教育普及プログラムです。毎月1回土曜日に定期的に活動します。展覧会や季節に合わせたワークショップ、絵の鑑賞会、近隣の美術館の見学など楽しい催し物がいっぱいです。ぜひ参加してみてください!
※募集は一宮市の広報、美術館ホームページ等で、それぞれの催し物ごとに行います。

平成26年度 せつこっこクラブ11月

「美術館に行ってみよう!こどもバスツアー」活動報告

<内容>
 岐阜県美術館の所蔵作品を中心とした「今をいろどる〜現代日本画の世界」展を鑑賞しました。みんな細かい部分にまでしっかり目をむけ、友達同士で何が描かれているか熱心に話し合っていました。わからないところがあれば説明してくれた岐阜県美術館の学芸員さんに聞きに行くなど、積極的に鑑賞している様子が印象的でした。
 また、もう一つの企画展「生誕100年記念 宗廣力三展 織のこころ」も見せていただき、織物にどのように柄を入れていくかを説明してもらったときはあまりの大変さにびっくり。波のような柄を織るときは糸を左右に引っ張りながら織っていくなど、初めて聞くことがたくさんありました。
 帰りは三岸節子記念美術館に戻り、同じく日本画の「森田りえ子展」を鑑賞しました。金屏風の作品も見ることができ、いろいろな日本画を見てもらえたのではないでしょうか。

 ひと口に日本画といっても、風景画、人物画、抽象画とさまざま。油絵とはまた違う日本画の魅力に気づいてくれればいいな、と感じる一日でした。