せつこっこクラブ

「せつこっこクラブ」は、たくさんの子供たちに美術館を身近に感じてもらうための教育普及プログラムです。毎月1回土曜日に定期的に活動します。展覧会や季節に合わせたワークショップ、絵の鑑賞会、近隣の美術館の見学など楽しい催し物がいっぱいです。ぜひ参加してみてください!
※募集は一宮市の広報、美術館ホームページ等で、それぞれの催し物ごとに行います。

せつこっこクラブ1月「せつこさんを歌おう」

活動報告

毎年行っている短歌ワークショップ「せつこさんを歌おう」を今年度も開催しました。まず、講師であり中部歌人会委員長の小塩卓哉氏より短歌の説明があり、五七五七七のリズムにどのように感情を込めたらよいかの話を聞きます。


その後展示室と土蔵で実際の作品を見て、どの絵を詠むか決め、絵を見て感じたことをメモメモ…。


講義室に戻り、書いたメモを元に短歌を作ります。短歌の区切りで感想を伝えるのは難しいけど、さらりとできる子とじっくり考えて詠む子に分かれました。


全員が完成したら、一人ずつ前に出て発表。どのような意味を込めて詠んだかを説明してくれました。
みんなの感想を聞くことで、自分では思いつかなかった意見を知ることができました。


<今回詠まれた歌>