せつこっこクラブ

「せつこっこクラブ」は、たくさんの子供たちに美術館を身近に感じてもらうための教育普及プログラムです。毎月1回土曜日に定期的に活動します。展覧会や季節に合わせたワークショップ、絵の鑑賞会、近隣の美術館の見学など楽しい催し物がいっぱいです。ぜひ参加してみてください!
※募集は一宮市の広報、美術館ホームページ等で、それぞれの催し物ごとに行います。

せつこっこクラブ12月「クリスマスカードを作ろう!」

活動報告

マスキングテープや模様のついた紙などを切り貼りして、クリスマスカードを作りました。まず始めにマシュマロとクッキーを食べ、やわらかいものと固いものの食感を味わい、そこからクリスマスや雪などについてイメージを膨らませます。ふわふわしている、甘い、などいろいろな感想が飛び出します。
カードに使う台紙は二つ折の紙や丸く穴の開いた紙です。


マスキングテープの少し透ける特徴を生かし、重ねたりちぎったりと工夫して貼っていきます。


中にはリボンやサンタさんの袋など、立体的に作る子も!
丸い穴からなんと飛び出す鶴(しかも合体してる!)のしかけを作ってくれた子もいました。


みんな思い思いのカードを作り、最後は封筒に入れて大切な人にプレゼントします。 大事な人の顔を思い浮かべながら、上手に作ることができました。