せつこっこクラブ

「せつこっこクラブ」は、たくさんの子供たちに美術館を身近に感じてもらうための教育普及プログラムです。毎月1回土曜日に定期的に活動します。展覧会や季節に合わせたワークショップ、絵の鑑賞会、近隣の美術館の見学など楽しい催し物がいっぱいです。ぜひ参加してみてください!
※募集は一宮市の広報、美術館ホームページ等で、それぞれの催し物ごとに行います。

9月「こどもバスツアー 美術館に行こう!」
【内容】

メナード美術館に「舟越桂 2012」展を観に行きました。はじめに学芸員さんから舟越さんの彫刻はよく見ると瞳の焦点が合わないように作られていると聞き、みんなでじっくり観察してみました。「本当に目が合わない!」「でもここの位置なら合うよ!」と静かに大盛り上がり。

展示室は部屋ごとにコンセプトが違い、3つ目の部屋では肩から手が生えていたり、一人なのに頭が二つあったりと不思議な作品にみんな目が釘付けでした。 最後の部屋では、舟越さんが選んだメナード美術館所蔵の作品が展示してあり、舟越さんの書かれたわかりやすいキャプションのおかげもあって、ゴッホやルソーなどの名画を楽しく観ることができました。