せつこっこクラブ

「せつこっこクラブ」は、たくさんの子供たちに美術館を身近に感じてもらうための教育普及プログラムです。毎月1回土曜日に定期的に活動します。展覧会や季節に合わせたワークショップ、絵の鑑賞会、近隣の美術館の見学など楽しい催し物がいっぱいです。ぜひ参加してみてください!
※募集は一宮市の広報、美術館ホームページ等で、それぞれの催し物ごとに行います。

こどもミュージアム「こんにちは!節子さん。」プロジェクト
「手からはじまる。足でひろがる。」
【内容】

6年目を迎えるこどもミュージアム。「こんにちは!節子さん。」というタイトルを定番化するとともに、三岸節子を軸に美術を楽しむ、美術で遊ぶ、普及する、という原点に立ち返りたいと思いスタートしました。

今年はパズルのようにキューブ型のクラフトを動かすことによって三岸節子の絵が現れるキット、スタンプラリー形式のクイズを設け、楽しみながら三岸作品を鑑賞できました。 こどものアトリエでは、「手からはじまる。足でひろがる。」をテーマに「やぶる・ちぎる・つまむ・にぎる・あるく・はしる・たてていく・まわす・ねじる・ぬらす・かわかす」といった行為を通して制作につながるワークショップを、美術家の山口百子さんの指導をもとに行いました。 子どもたちの声とともに美術館にも夏が来て、去っていきます。来年も楽しみにいろいろなプログラムを用意してお待ちしていますね。